logo2
     
 


本ASIC はハードウェアの特徴とソフトウェアの特徴を有しています。IPネットワークの通信機能、セキュリティ機能をハード化して高性能性と・・CPU、メモリ内蔵によるソフトウェアの書き換えという柔軟性を兼ね備えており、いろいろなユビキタス分野に適応できます。 つまり、共通プラットフォーム上でいろいろなシステムを・・・・。

 


 

 


ASIC(Ubiquitous Processor)

logo21

アイピースクエアはiDIVERSITY(商標登録)の標語のもと、 ノンコンピュータ、情報家電、スタンドアローン機器などを IP Networkの仲間入り、IP Networkの世界へ招待する ソリューションをミッションのひとつとして掲げ取り組んでいます。iDIVERSITYはIP Network(インタネット)社会の多様性を追い求める私どもの姿勢(ユビキタスネットワークの実現)を表現した標語です。

ASIC(Ubiquitous Processor)はIPネットワークの通信、セキュア通信を通信エンジン(ハード化)として内蔵し、ソフト(アプリケーションほか)の書き換え(システムとしてダウンロードも)機能を装備しています。 センサー、機器などをつなぐ各種のインタフェースも装備していて、「モノ」(すなわちコンピュータ能力を有していない )を接続することにより内蔵の通信エンジンによって、リモートの機器、システムと自らコンピュータであるかのように接続できます。 いま、IPネットワークはますます広帯域、高速化していく、おおくの「モノ」がIPネットワークを介してセキュアに会話できる環境が整ってきました。 そうした時代に求められる機能を装備して本ASICは誕生しました。そこで、機能が多様化してきて本ASIC単独で賄えないシステムを構築する場合の対応として外部CPUとバス接続できるしくみも装備しています。 

本ASICの適応シーンの1例:
@単純なセンサーのIPネットワーク化から複数のセンサーを束ねてIPネットワーク化(スマートセンサー)
Aセンサーと機器(空調、照明など)を接続することによって閉じたASIC内でセンサーと機器の協調動作(たとえば高温になれば空調をコントロールなど)
B外部CPUと連携することにより、IPネットワーク機能を有していない外部のCPU環境をIPネットワーク化
C複数セッションを有しており、データ通信セッションだけでなく、管理・監視用セッションをかくりつすることによるシステムとしての利用
DIPネットワークの各種通信プロトコルに対応しており、効率的なEND-to-ENDでセキュアなIPネットワーク通信を実現

搭載通信プロトコル例

SOAP SOAPによる通信では、XML文書にエンベロープ(封筒)と呼ばれる付帯情報が付いたメッセージを、HTTPなどのプロトコルで交換。サービスを利用するクライアントと、サービスを提供するサーバの双方がSOAPの生成・解釈エンジンを持つことで、異なる環境間でのオブジェクト呼び出しを可能にしている
UPnP ネットワーク上に接続されたUPnP対応機器の所在を確かめ、さらにその機器がどのような特徴を持ったものであるか、といった情報をやりとりするための仕組み
SNMP ネットワークに接続された通信機器をネットワーク経由で監視・制御するためのしくみ
HTML WEBページヲ記述するためのマークアップ言語
XML 「タグ」と呼ばれる特定の文字列で地の文に情報の意味や構造、装飾などを埋め込んでいく言語のことで、XMLはユーザが独自のタグを指定できることから、マークアップ言語を作成するためのメタ言語

 


 



 


 

 
      About us(会社概要) | Site Map(サイトマップ) | Privacy Policy(プライバシー、個人情報) | Contact Us(コンタクト) | ©2011 IP Square